就活ルール廃止?メリットやデメリットゆとり世代はどうなる?

 

経団連の中西宏明会長は3日の記者会見で、2021年春以降入社の学生の採用活動に関し、大企業が中心の会員各社を対象に面接の解禁時期などを定めた就職活動ルール(採用選考に関する指針)を廃止する意向を表明した。中西氏は「経団連が採用日程を采配することに違和感がある」と述べた上で、新卒者の一括採用など現在の雇用慣行に疑問を呈した。

 

というニュースが。

ニュースの説明は難しく

わかりずらいので

 

そもそも就活ルールとはなにか

廃止されるとどうなるのか

わかりやすく調べました!

 

<Sponsered Link>

 

就活ルールとは

 

3.採用選考活動開始時期
学生が本分である学業に専念する十分な時間を確保するため、採用選考活動については、以下で示す開始時期より早期に行うことは厳に慎む。

広報活動 : 卒業・修了年度に入る直前の3月1日以降
選考活動 : 卒業・修了年度の6月1日以降

なお、活動にあたっては、学生の事情に配慮して行うように努める。

4.採用内定日の遵守
正式な内定日は、卒業・修了年度の10月1日以降とする。

 

簡単に説明すると

3月に会社説明会

6月に面接を解禁

次春入社

 

というルールなんです。

 

これにより一斉に就活が始まるんです。

 

 

なぜ廃止に?

 

人手不足の中、企業による学生の獲得競争は激化。外資系を含む経団連非加盟企業による「青田買い」の問題も指摘される。さらに20年には東京五輪・パラリンピックのため、会社説明会を行う会場不足も懸念され、前会長の榊原定征氏は今年秋ごろまでに見直す考えを示していた。

 

ということらしいが

この就活ルールは就活生が計画を立てる

ひとつの目安になっていたため

廃止を反対する声もあるようです。

 

学生を送り出す側の日本私立大学団体連合会は「現行のスケジュールを堅持すべきだ」と廃止に反対の立場。中西氏は「(廃止について)困ると誰も言ってきていない」と話すが、調整が難航する可能性もある。

 

 

ネットの反応は?

 

 

 

賛成する声は少ないようです。
というより賛成派が見つからなかったです。

 

まとめ

 

このルールの存在は良いか悪いかは

別として、計画がなくなり新しいルールとなって

就活生が戸惑ってしまうことのないように

しっかりしてほしいですね。

 

この廃止宣言で波紋が広がっていますが

今後どうなることでしょうか。

 

追記!

2018年10月9日

就職活動のルール、いわゆる「就活ルール」をめぐって、経団連の中西会長は9日の記者会見で、「採用活動に関する指針を経団連としては策定しない」と述べ、企業の採用活動の解禁時期などを定めた指針を2021年春の入社分から策定しないことを正式に表明しました。

この中で、中西会長は「2021年以降の入社を対象にした指針は策定しないことが妥当だろうという結論を出した」と述べ、経団連としては、再来年春の入社までを対象とした現在の指針を最後とし、2021年春の入社分からは策定しないことを決めたと明らかにしました。

 

<Sponsered Link>

<Sponsered Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)