BBクリームとCCクリームって何が違うの?DD?EEも?

韓国コスメで人気になった「BBクリーム」と「CCクリーム」。

私も流行りだした頃にいろんなメーカーものもを使いました。

 

その当時は韓国コスメのものばかりでしたが

今は日本のメーカーからもたくさんでてますよね。

 

よく耳にし目にすることはあるけど、違いってご存知でしょうか?

 

どちらも色付きのものだからファンデーションだと思い使っていませんか?

 

実はこの二つ、名前は似ていても意外と役目が違うので

違いや正しい使い方をご紹介していきます。

 

<Sponsered Link>

 

BBクリームとは

ドイツで開発され、医療現場で使われていた皮膚を保護するクリーム。

「ブレミッシュバルム」の略で、傷・軟膏といった意味。

 

日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、コンシーラーなどの役目があり

カバー力があり、これ全てオールインワンで完了してしまうのもです。

重ためのテクスチャーで伸びが悪めで、べたつき感があります。

 

気になる隠したい部分には重ね付けするといいです。

べたつきが気になる場合は最後にフェイスパウダーを軽く乗せましょう。

 

使い方

スキンケア→(日焼け止め)→BBクリーム→フェイスパウダー

 

重めのテクスチャーなのでムラにならないように

5点置き(額・鼻・顎・頬)して乗せて内から外へ伸ばしましょう。

塗りすぎも塗らさなすぎもダメなので、各メーカーの適量を確認してください。

 

BBクリームを顔全体に伸ばして余分なクリームは

スポンジなどでとんとんして取ると崩れにくくなります!

スポンジでとんとんすると密着度も上がっておすすめです。

 

(BBクリームに配合されている日焼け止め成分が低い場合は

スキンケア後に日焼け止めを塗ってください。)

 

 

CCクリームとは

「カラーコントロール」、「カラーコンディション」の意味があり

日焼け止め、化粧下地、コントロールカラーなどの役目があります。

軽めのテクスチャーで伸びが良く薄づきで、カバー力はなく色の補正。

 

一般的にCCクリームを下地として仕込むことで

ファンデーションを綺麗にみせてくれるものです。

 

明確な定義がないので各メーカーで使い方はかわってきます。

 

使い方

 

スキンケア→CCクリーム→ファンデーション(→フェイスパウダー)

 

ファンデーションがリキッドやクリームの場合のみフェイスパウダー。

プレストパウダーのファンデーションの場合は

フェイスパウダー無しでいいです。

 

(CCクリームに配合されている日焼け止め成分が低い場合は
スキンケア後に日焼け止めを塗ってください。)

 

メイクはしたくないけど、何も塗ってない状態は嫌だなぁというとき

CCクリームに軽くフェイスパウダーだけでもいいです。

 

日焼け止めだけ塗るより、CCクリームを塗ってしまえば

肌を綺麗に見せてくれる効果もあるのでいいですね。

 

<Sponsered Link>

 

DDクリーム?EEクリーム?

なんとBBクリームCCクリームに続き

外国でDDクリームとEEクリームのなるものまであるらしいです!

 

DDクリームはエイジング効果がありBBやCCよりも保湿効果が高いもの。

顔だけではなく体にも使えるみたいです。

 

EEクリームはBB・CC・DDの効果を全て兼ね備えたものだとか。

(こんな完璧なものがあったなんて驚きでした)

 

これはどんどん増えていくかもですね(笑)

BBから始まったとはいえAAクリームがないのが不思議です(笑)

もしかしたらあるのかな?

 

最後に

いかがでしたか?

BBクリームはメイクの時短にもなるので

朝時間がない方や子育て中にママさんにもいいですね。

メイクに時間はかけられないちゃちゃっと済ませたいけど

カバー力はほしい方にはおすすめ!

 

もちろんBBクリームとCCクリーム併用することで尚綺麗にしてくれます。

 

使ったことない方は是非1度使っていてみてはいかがでしょうか!

 

<Sponsered Link>

<Sponsered Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)