山下智久が悪役で海外進出!映画のあらすじや公開日はいつ?

 

山下智久さんが初の悪役

初の海外進出されると発表されました!

 

 

どんな内容でどんな役柄なのか

公開日はいつなのかまとめました。

 

<Sponsered Link>

 

『サイバー・ミッション』

 

 

 ハンギョン、リディアン・ヴォーン、リー・ユエンら豪華アジアスターが集結した中国映画『REBORN』(原題)の邦題が『サイバー・ミッション』に決まり、2019年1月25日より全国公開されることが明らかになった。山下智久が本作で初の海外進出を果たすとともに、初めて悪役に挑む。

本作は、オタク系ホワイトハッカーのハオミンが危険に巻き込まれながらも、サイバー犯罪を企てる悪の組織から世界を救うために、知力を尽くして立ち向かうアクション大作。劇中では、サイバー犯罪をめぐる戦いが臨場感たっぷりに描き出されていく。ハオミン役を韓国の男性アイドルグループ SUPER JUNIOR の元メンバーであるハンギョンが務め、ブラックハッカーのゼブラを台湾スターのリディアン・ヴォーン、そのパートナーである美しき犯罪者スー・イーを雑誌「Ray」のモデルとして活躍していた中国のリー・ユエンが演じる。

そして、サイバーテロリストのボス役として、初の海外進出作品として初の悪役に挑戦する山下が出演し、アジア各国の俳優陣とともにスクリーンを彩ることに。劇中では、流ちょうな英語と中国語も披露しているとのことで、山下は「初めての悪役という新しい挑戦をしているので、ぜひいままでの僕とのギャップを楽しんでいただきたいと思っています」と期待を高めるコメントを寄せている。公開された予告映像では、その演技の一部を垣間見ることができる。

本作では、ミラ・ジョヴォヴィッチがヒロインを務めた『バイオハザードV:リトリビューション』やマット・デイモン主演の『ボーン・アイデンティティー』のアクション監督ニコラス・パウエルが演出を手掛けており、迫力に満ちたアクションが見どころとなっている。主人公を演じるハンギョンは「8Fの高さから飛び降りたりと怪我の絶えないスリリングな撮影で、何度か危ない動きもありましたが、一人一人がテストしてお互いにアドバイスをしながらやりました」と本格的なアクションに臨んだことを明かしている。

あわせて公開されたポスターは、サイバー感に満ちたデザインに4人のクールな表情が並ぶスタイリッシュな仕上がりになっている。(編集部・大内啓輔)

 

 

あらすじ

 

 

オタク系プログラマーのハオミン(ハンギョン)は、かつてハッキング対決で負かしたコードネーム・ゼブラ(リディアン・ヴォーン)が裏世界で危険な仕事に手を染めていることを香港警察から聞かされる。同時にゼブラは、次なる大仕事にハオミンを巻き込もうとパートナーの美少女スー・イー(リー・ユエン)を使い接触を図ってくる。ハオミンはゼブラの次なる狙いを探るため、覆面捜査官として潜入することに。程なくして彼のバックにはモリタケシ(山下智久)という裏世界の大物が絡んでいることが分かる。モリの真の目的が明らかになるにつれ、ハオミンは予想だにしなかった危険な世界へと足を踏み入れていく……。果たしてハオミンはモリを阻止し、世界を救うことができるのか!?

 

 

初悪役

 

今まで山下さんは主演をいくつもされていますが

悪役にはなんと初挑戦なんです!!

 

山下さんのコメント

初めての悪役という新しい挑戦をしているので、ぜひいままでの僕とのギャップを楽しんでいただきたいと思っています。作品の中身としては、アクション大作になっていると思います。少し先の話にはなると思うんですが、ある意味リアリティーがあるというか、みなさんの身近にあるデバイスを使ったり、いつ起こってもおかしくない話なんじゃないかとイマジネーションを掻き立てられるような作品です。良い意味でも悪い意味でもそういうことを想像しながら観てもらえると非日常を体験してもらえるかなと思います。

 

 

好青年や藍沢先生などの印象が強いので

初の悪役もどんな感じなのか楽しみですね!

 

<Sponsered Link>

 

公開日はいつ?

 

2019年1月25日です!

 

ネットの反応は?

 

 

 

山下智久が音楽活動再開!レコード会社を移籍し全国ツアーにアルバム発売も決定!

2018.07.11

不仲説の安室奈美恵と山下智久がラストライブで共演はなぜ?

2018.09.19

 

<Sponsered Link>

<Sponsered Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)