ゴーン会長はフランスの陰謀で逮捕された?日産の行方は?

 

日産自動車カルロス・ゴーン会長が

逮捕されたというニュースが飛び込んできました。

 

ゴーン会長と一緒にグレッグ・ケリー代表取締役も逮捕されています。

 

この逮捕はフランスの陰謀だという説もでているので

その真相を調べてみました。

 

<Sponsered Link>

 

なぜ逮捕された?

 

 

日産自動車は19日、事情聴取されているカルロス・ゴーン氏の会長と代表取締役の職を解くように取締役会に提案すると発表した。同社はゴーン氏の金融商品取引法違反についても事実と認めている。

声明では、内部通報を受け、数カ月間かけて調査をしてきたことを明らかにした。その結果、「(ゴーン氏の)報酬額を少なくするため、長年に渡り、実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していたことが判明した」としている。ゴーン氏のほか、日産で代表取締役を務めるグレゴリー・ケリー氏も関与したという。

日産は「これまで検察当局に情報を提供するとともに、当局の捜査に全面的に協力してきた。今後も協力する所存だ」としている。

 

 

<Sponsered Link>

 

 

陰謀説とは?

 

フランスのエマニュエル・マクロン大統領による陰謀。

 

日産の生産工場をフランス国内に移転させ

ルノーによる日産の完全合併を狙っており

それに反対の意見を示していたゴーン会長をハメたというもの。

 

 

どういうこと?って思いますよね。

簡単に言うと、フランスに日産の工場を移転させて

雇用を生み出したいそうなんです。

 

 

今回ゴーン会長が逮捕されたことで

今後どのようになるのか日産の行方に注目です。

 

 

<Sponsered Link>

<Sponsered Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)