増渕良亮の顔画像や経歴は?パワハラしゃぶしゃぶ鍋事件

 

芸能事務所社長が従業員を

煮えたぎる鍋に顔を押し付ける動画が出回り

パワハラと話題になっています。

 

その加害者である増渕良亮について

調べてみました。

 

 

<Sponsered Link>

 

パワハラ!しゃぶしゃぶ鍋事件!

 

きのう発売の『週刊新潮』が報じた芸能プロダクション社長による部下へのパワハラについて、22日午前、被害者の従業員男性が匿名で会見を開いた。
会見に同席したレイ法律事務所の河西邦剛弁護士によると、A氏は2014年、A氏が大学生の時に芸能事務所のY社長と出会い、イベントの手伝いを始めたという。その半年後、A氏はY社長の芸能事務所に入社(現在は退社)したが、その年の忘年会で二日酔いし遅刻したことから坊主にするよう強要され、罰金10万円の支払いを命じられたのだという。さらに翌2015年には半日以上にわたり正座で業務を行うことを強要されたり、寝坊について説明した際に顔を殴られたりしたこともあったという。
週刊新潮が報じた”しゃぶしゃぶ鍋事件”で被害者が会見、芸能事務所のパワハラ行為について弁護士が概要説明
A氏
また、『デイリー新潮』が公開した、従業員男性が加熱中と思われる鍋の中に顔を押し付けられる映像については、2015年12月20日、渋谷にある居酒屋で撮影されたものだという。この時はA氏とその友人に加え、Y社長、所属モデル、さらに取引先の人物も同席していたという。この宴席でのパワハラ行為は「面白いことをやれ」というY社長の発言をきっかけに始まり、「出来ない」と答えるA氏に「じゃあ飲め」と苦手な柑橘系の酒をピッチャーで一気飲みするよう強要、飲み始めるとピッチャーの底を持ち上げたという。そしてY社長はA氏の首を掴んで沸騰しているしゃぶしゃぶの鍋に2度にわたって顔を押し込んだ。Y社長からは宴席の終了時、「顔がほんとやばいから帰ったほうが良いよ」と言われたが、謝罪はなく、介抱されることもなかったという。
A氏はその後、酔って山手線を乗り過ごしたというが、明け方に友人に連れられて受診。火傷の診断を受けた。翌日、A氏の自宅を訪れたY社長は「お前、自分から頭突っ込んだんだよな。何日後から仕事できるの。2,3日後からできるんだよな」との言葉を掛けたという。
A氏側は渋谷警察署への刑事告訴、さらに損害賠償請求の民事訴訟を検討しているとした。弁護士の説明に続き、A氏本人が記者からの質問に回答した。

 

 

動画はコチラの記事で!

しゃぶしゃぶ鍋事件の芸能事務所と社長を特定!

2018.11.23

 

 

加害者:増渕良亮の顔画像、プロフィール

 

 

増渕良亮(ますぶち りょううすけ)

年齢:28歳前後

株式会社MELM社長

 

この写真は増渕良亮のFacebookからの

画像なんですが、今現在はFacebookのページは

見れなくなっているそうです。

 

増渕良亮の現在は?

 

被害者とは2018年8月27日から連絡が取れない状態だそうです。

このパワハラ事件は2015年のもので

今回週刊誌に載ることや会見を開くことも

連絡が取れないため知らない状態だったそうです。

 

こんなおおごとになるなんて思ってもなかったでしょう。

 

今後裁判が進んでいけば表に出てこなきゃいけなくなります。

また逮捕となれば余罪も出てくるかもしれませんね。

 

また新たなことがわかり次第追記します!

 

<Sponsered Link>

 

 

<Sponsered Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)