高千穂一家斬殺事件の犯人は次男?不倫が原因か?

 

宮崎県千穂町で6人の一家斬殺事件が起こりました。

何故このような痛ましい事件が起きたのか・・・

事件概要や犯人の情報をまとめました。

 

<Sponsered Link>

 

事件概要

 

宮崎県高千穂町の民家で一家6人の遺体が見つかった。

 

この家に住む飯干保生さん(72)

飯干さんの妻の実穂子さん(66)

次男の昌大さん(42)の妻の美紀子さん(41)

昌大さんの長男の拓海さん(21)、長女の唯(ゆい)さん(7)

昌大さんの知人。

 

「急に無線で『刃物を持った犯人が事件を起こした、戸締り、カギをかけてと放送されて、いったい何があったのかと思った。それが、殺人事件だとわかり、ただ驚くばかり」

事件現場から見つかった遺体は、と発表した。もう一人の男性の遺体は昌大さんの知人とされる。

いずれも、ナタのような鋭利な刃物で刺されて亡くなったとみられ、「現場は遺体が折り重なり、血の海という状況。見るも無残な状況です」(捜査関係者)

 

 

事件場所

 

 

宮崎県の北のほうに位置する高千穂町。

自然が多い町で人口は約13000人ほど。

 

 

<Sponsered Link>

 

犯人は次男の昌大さん?

 

次男の昌大さんの遺体は

自宅から15分程離れた場所で車がみつかり

近くの橋の下から遺体が発見されました。

 

現場の状況から端から飛び降りたと思われます。

 

他の情報によると

 

「飯干さん宅は長く林業、農業で生計を立てていた。地元ではよくある農家。いつも、飯干さんは農家の仕事に出かけ、温かいごく普通の家庭です」(近所の人)

だが数ヶ月前から、一家ではトラブルが起こっていたという。

飯干家と付き合いのある住民はこう言う。

「昌大さんはおとなしい人物で外に仕事にいっていたようだが、いずれも長続きしなかった。昌大さんと妻の美紀子さんが不倫など夫婦関係でもめてもおり、近所に住む昌大さんの知人男性がここ数カ月間、仲裁していたらしい。それでトラブルになったのではないか。昌大さんが6人を殺し、飛び降り自殺した可能性が強い」

 

揉めた末、殺してしまい逃亡し

自殺をはかった可能性が高いと見られています。

 

最後に

 

また新しい情報が入り次第追記します。

 

<Sponsered Link>

<Sponsered Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)