高階航の死因は?腐敗していたのはなぜ?ルパンなどの脚本家

 

 

脚本家・高階航さん死去

 

高階航プロフィール

 

高階 航(たかしな こう)

本名:高階 茂嘉(たかしな しげよし)

別名:高階 秋成(たかしな あきなり)

生年月日:1942年

出身:秋田県

職業:日本の作家、脚本家。

 

秋田県立角館高等学校卒業後に上京。1970年代から、映画やドラマ、アニメの脚本で活躍。代表作は『太陽にほえろ!』『ルパン三世』。

ルパン三世第二シリーズでは、最も登板数が多い脚本家である。第三シリーズでも数多く執筆している。その頃から、渡哲也、松田優作、宮崎駿らと親交があった。1989年に仙北市田沢湖町に帰郷し、作家として活動。秋田魁新報で「高階航のアラスカぼたっこ釣り騒動記」「振りかえれば」などを連載した。

 

 

死因は?

 

 

目立った外傷はなく、事件性もないそうです。

 

ですが腐敗が進んでいたらしく、死因は不明とのことです。

本人と特定するまで時間がかかっているので、腐敗が酷かったんでしょう。

 

一人暮らしだったそうなので孤独死や病死の可能性がありますね。

 

<Sponsered Link>

 

ネットの反応は?

 

 

 

最後に

 

ご冥福をお祈りします。

 

 

<Sponsered Link>

<Sponsered Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)