サムスンが偽物Supremeとコラボ!合法な理由がやばすぎる・・・

 

面白いニュースが!

サムスンが偽物Supremeとコラボを正式発表してしまい

ツイッターで話題になっていました!

 

 

2018年12月10日、Samsungが新型スマートフォン「Galaxy A8s」を中国市場向けに正式発表しました。その発表イベントの中でSamsungは、人気ファッションブランドであるSupremeとの若者をターゲットとしたコラボレーションを大々的に告知。しかし、Samsungがコラボレーションを告知したのは本家Supremeではなく、本家とは全く無関係な上に勝手にロゴと名前を使用しているフェイクブランドだったことが判明しました。

実は、Supreme NYCの創業者であるJames Jebbiaは「Supreme」という名前やボックスロゴに対する権利を保有しておらず、Supreme Italiaはその抜け穴をつく形で作られました。本家に訴えられるもイタリアでの裁判では勝利を収め、イタリアの法律に守られながら成立してしまっており、グレーながらも「合法的な」フェイクブランドという立ち位置にいます。

 

なぜ偽物?騙されたのか?その真相を調べました!

 

 

なぜフェイクブランド(偽物)とコラボを?

 

最初このニュースを見たとき

 

「え?凡ミス?騙された?www」

 

と思いましたが、さすがにそうではなさそうです。

 

 

本家アメリカのSupremeは中国での販売許可がないんです。

 

だから本家Supreme NYCとではなく

合法的な偽ブランドであるSupreme Italiaは

日本を除くアジア地域で販売出来るので

偽物とコラボをしたということなんです。

 

よく日本ではSupremeに似せた赤地に白文字で英単語が書かれてる服を

よく見ますが、それはそれでフェイクとして人気ではありますが

本家のロゴも使えてしまう偽物って、それでは本物か偽物かわかりませんよね・・・

 

<Sponsered Link>

ネットの反応は?

 

 

 

最後に

 

話題になっていたので

良い宣伝効果にはなったでしょう!

 

 

 

<Sponsered Link>

<Sponsered Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)