くら寿司炎上動画のアルバイト特定!時価総額27億円吹っ飛び損害賠償額は?

 

大阪府守口市にある「くら寿司」で

アルバイトの男性が捌いて切った魚をゴミ箱に捨て

再びゴミ箱から取り出しまな板に置くという

不適切動画を投稿したとして炎上をしました。

 

その撮影してSNS投稿した人物は誰なのか特定しました!

そのアルバイト店員には莫大な賠償金が課せられるとか・・・

 

<Sponsered Link>

 

事件の概要

 

回転ずし大手のくらコーポレーションは6日、運営する「くら寿司」の男性アルバイトが店内で不適切な動画を撮影し、インターネット上に投稿したとして「お客さまに大変不快で不安な思いをさせてしまい、深くおわび申し上げる」と謝罪するコメントを発表した。

動画は大阪府守口市の店舗で撮影され、アルバイト店員が食材の魚をごみ箱に捨てた後、ふざけてまな板に載せようとする姿が写っている。同社によると、問題の魚はその場で廃棄処分されており、客には提供されていないことを確認したという。

同社は「事態を重く受け止めている。従業員教育の徹底と再発防止に全力で取り組む」とコメントした。

 

その動画がこちら。

 

実行犯・豊留洋介プロフィール

 

今回の動画の実行犯は豊留洋介と特定されました。

 

 

名前:豊留洋介

学校:上田安子服飾専門学校

 

撮影者・谷口優太のプロフィール

 

 

撮影者:谷口優太

学校:大阪府立寝屋川高校

 

<Sponsered Link>

 

くら寿司からの損害賠償額は?

 

くら寿司を運営するくらコーポレーションは2月8日、アルバイト店員2人を退職処分にしたことと、刑事・民事での法的措置の準備に入ったことを公表した。その理由として、信頼回復と全国で起きる同種の事件の再発防止を掲げている。

実際に、損害賠償を求められた場合、どんな展開が考えられるのか。

例えば、東京スポーツは2月8日の記事で、「こうした不適切投稿の場合、店や会社側と当事者との間である程度の金額を支払うことで和解になるケースがほとんど。金額はアルバイトの給料で簡単に支払えるレベルではないので、結局は親、きょうだいに多大な迷惑をかけることになる」と法曹関係者のコメントを紹介している。

 

 

今回の騒動でくら寿司は株価が暴落しました。

 

 

イメージの低下や株価までに影響が及んでしまい

莫大な損害を発生させたのには間違いありません。

 

今回請求される賠償額は

到底アルバイトに払えるのも出もありませんし

親でも払えない金額です。

 

最後に

 

今までにもいくつもこういう不適切動画で

炎上するケースがありましたが

その行為で自分の人生だけではなく

家族までも巻き込んで人生を棒にふります。

 

<Sponsered Link>

 

<Sponsered Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)