日焼けについて。メカニズムや焼かないための対策。

だんだん暑さも増してきましたね。

そこで今日は日焼けについてのお話です。

 

 

 

日焼け止めやファンデーションによく書いてある
SPFやPA。数値が低いものから高いものまでいろいろありますよね。

 

皆さんは何を基準に選んでますか?

 

日焼けしたくないから取り敢えず
SPF50でPA++++を選んでいませんか?

 

実は数値が高いものより肌に合った使い方や塗り方が重要なんです。

まずは簡単に日焼けのメカニズムをご紹介します。

 

<Sponsered Link>

 

日焼けのメカニズム

日焼けといえば、紫外線!
紫外線には主にA波(UVA)とB波(UVB)があります。

UVAはガラスを通り抜けシミやシワ、たるみの原因になります。
肌が黒くなる「サンタン」の状態にさせます。

UVBはガラスを通り抜けてはきませんが
肌が赤くなりヒリヒリする「サンバーン」の状態になります。
火傷です。

UVAは雲やガラスも通り抜けるので
日差しが出ていなかったり、曇りの日に日焼け対策を怠らないように要注意!!!

 

結局は紫外線によって肌にメラニン色素というものが増え
皮膚の中に沈着し黒くなってしまうのです。

 

焼かないための対策は?

焼かないためには日差しに当たらないこと。

紫外線からにげること。

 

といっても陽に当たることは体にとっても大事ですし

社会生活では外に一切出ないというのは無理なことなので

しっかり対策をしましょう。

 

・塗るタイプの日焼け止め

SPFとPAが高いものは肌に刺激が強いので海水浴など以外の場合は
中間くらいの数値のものをこまめに塗りなおすことが効果的です。
長時間つけているものなので、不快感のないものがいいですね。

塗りにムラがあったり、汗でおちてしまうので

定期的に気付いた時に重ね塗りすることで効果がより期待されます。

 

 

・飲むタイプの日焼け止め

これは飲んでいてもあまり効果が目に見えるものでもないし
塗る日焼け止めと並行して使っていることが多いので
どちらの効果なのかわからないので気休めに思ってます(笑)

 

・UVカットサングラス

紫外線は目からも吸収してしまうので
徹底するならサングラスも重要ですね!

しっかりUV加工のされてるもので。

 

・帽子や日傘

この二つも併用して使っていきましょう!

 

<Sponsered Link>

 

ソラレンに要注意

日焼け対策にはビタミンCが効果的ですが
中にはソラレンという紫外線の吸収を高めてしまうものもあります。

ソラレンが多く含まれるものを朝食で摂取して
外に出てしまうのは禁物!

 

ソラレンを多く含む食べ物

レモン

オレンジ

みかん

グレープフルーツ

キウイ

アセロラ

パイナップル

きゅうり

セロリ

しそ

 

などがあります。

食べるときは夕方以降をおすすめします!

意外と美白効果が期待されるものにソラレンが含まれているものもあります。

 

ソラレンを含むものを食べるより肌に塗ってしまうほうが

ソラレンの効果が持続してしまうので要注意!

 

 

最後に

紫外線は年中降り注いでいます。

冬だからと言って油断は禁物!

雨の日や曇っている日でも紫外線は少ないわけではありません。

雲で隠れているだけで、紫外線は雲も通り抜けてきます。

そういう天気の時や時期は気を抜いてしまいがちなので

毎日日焼け止めを塗ることを習慣づけるといいです!

 

家の中にいても紫外線は狙っています!

洗濯を干すためにベランダへ少しの時間出るとか

回覧板をお隣りへ届けるときに少し出るとか

その「少し」も要注意です。

 

朝のうちに、歯磨き洗顔後の流れで日焼け止めを塗る習慣をつけるのがいいですね!

 

焼けたくない方は日焼け止めを塗る習慣づけや

カーテンにUV加工をされているものにするなど

気を付ける点がたくさんあります。

 

今の少しの気のゆるみから数年後に後悔をしないためにも

コンシーラーいらずのお肌作りのために少し心がけてはいかがでしょうか。

 

<Sponsered Link>

<Sponsered Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)