山下智久、芸能の仕事に葛藤していた?コードブルーが転機に。

 

映画『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』の

完成披露試写会が行われ、上映後サプライズで

豪華出演者が登場し、舞台挨拶が行われました。

 

 

ドラマ『コード・ブルー』がスタートしてから

もう10年がたっているなんて驚きました。

 

そしてこういう写真に山下さんや有岡さんが

写っていることに違和感しかありません(笑)

ジャニーズは写真禁止でしたからね・・・

 

<Sponsered Link>

 

山下智久は芸能の仕事に葛藤していた?

 

山下さんは今回の映画の舞台あいさつでこのようなコメントをしていらっしゃいました。

 

「本当に胸がいっぱいです。僕が初めて『コード・ブルー』の藍沢に出会ったのが23歳のときで、芸能の仕事ってなんだろうって葛藤があって、このままやっていいのか、思っていたんですよ」と、当時の芸能界に対する葛藤を告白。フライトドクターを演じているだけのため、重症患者を見ても実際には助けることはできないが、放送後「『私の子供が一生懸命ドクターになると勉強しています』と聞いて…」とエピソードを話していると、山下は胸に手をあて「ごめんなさい…ちょっと感極まってしまって」と目に涙を溜めた。

そして「僕ができるのはこういうことなんだなと『コード・ブルー』に気付かされました」と、この作品を通して自分の仕事の意義が見えたというと会場からは温かな拍手が。「素敵な仲間に出会えて、この軌跡を作ってくれたのがみなさんです。『コード・ブルー』で感じとってくれた愛をたくさんの人に伝えていってもらえたらいいなと思っています」と、力強く呼びかけた。

 

まだドラマ『コード・ブルー』がスタートした時は

NEWSのメンバーとしてアイドル活動も並行し

俳優としても活躍していました。

 

他のドラマ作品の撮影を並行して全国ツアーを回ったりと

多忙なスケジュールのときもありました。

 

ファンからもスケジュールの過密さから

心配の声が上がっていました。

 

<Sponsered Link>

 

アイドルと俳優の並行

 

山下さんはジュニア時代から人気があり

Four Tops(山下・生田・風間・長谷川)を組んでいました。

 

ですがメジャーデビューはNewSとしてでした。

 

その後、亀梨和也さんとの『修二と彰』や

期間限定ユニットGYMの結成や

ソロ活動も増えていき、NewS脱退しました。

 

山下さんはもともと一人でも人気でしたから

グループは合わなかったのでしょうか・・・

 

脱退後は音楽活動と並行してドラマや映画に出演されてました。

 

でもはやりグループのときよりかは

露出度が減りましたね。

 

香取慎吾さんとのドラマ主題歌や

亀梨和也さんと新たに『亀と山P』を結成などありました。

 

 

最近では全国ツアーとオリジナルアルバムの発表やがあり

山下智久が音楽活動再開!レコード会社を移籍し全国ツアーにアルバム発売も決定!

 

海外滞在や、海外での音楽制作をされていて

ソロになって好きなことできているように思えます。

 

映画も音楽活動もこれからまた注目ですね!

 

<Sponsered Link>

 

 

<Sponsered Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)