芳根京子は難病だった。その病名とは?完治した?

『高嶺の花』で石原さとみさん演じる月島ももの

義母妹役で出演されている芳根京子さん!

 

朝ドラ『べっぴんさん』のヒロインとしても

活躍されていました!

 

そんな芳根さんは難病だったのです。

 

芳根さんのプロフィールや

難病について調べてみました!

 

<Sponsered Link>

 

プロフィール

 

 

芳根京子(よしね きょうこ)

生年月日:1997年2月28日

出身地:東京都

身長:159 cm

血液型:A型

所属:ジャパン・ミュージックエンターテインメント

 

高校1年生のときに友達に誘われて行った

遊助のライブ会場でスカウトされ芸能界入り。

その後、通信制高校に転校。

 

2013年にドラマ『ラスト♡シンデレラ』で女優デビュー。

2016年度の後期のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』ではヒロインに抜擢。

2018年の月9ドラマ『海月姫』主演。

 

まもなく22時から 「高嶺の花」 放送です!☺︎ #film #高嶺の花

芳根京子さん(@yoshinekyoko)がシェアした投稿 –

 

石原さとみ×芳根京子

美しすぎてまぶしいです・・・

 

<Sponsered Link>

 

難病について

 

ご自身のアメブロで読者からの質問に対して

こう答えていました。

1度Quick Japanさんの取材の時だけにお話した事があるのですが、私も中学の頃に難病になった事があります。

実際そうなるとね、なかなか笑顔になるのなんて難しかったりするんですけどね、

とにかく毎日楽しい事探してたなー。

 

発症したのは中学2生のとき。

1年間学校に通うことができなかったみたいです。

 

「ギランバレー症候群」

外敵から身を守ってくれる免疫の働きが、末梢神経を攻撃してしまう自己免疫疾患です。 手足に力が入らない、指先がしびれる……。このような自覚症状が現れるギラン・バレー症候群は、ウイルスや細菌の感染がきっかけで発症する末梢神経の病気です。風邪や下痢の感染がきっかけになることが多く、典型的な症状は、手足の筋力低下や脱力感、しびれですが、自律神経に影響して血圧が乱高下したり、脈拍が速くなったり、遅くなったりすることもあります。これからの季節は風邪をひきやすく、最近は冬に食中毒も増えています。予防対策も含めて知っておきたい病気です。 「発症者は人口10万人当たり1~2人ですが、10歳ごとに区切った集団の中で発症率を見ると、10歳上がるごとに1割ずつ増えています。自己免疫疾患というと若い人に多いというイメージがありますが、高齢者で起こりにくいというわけではありません」

 

治療が可能な病気で

芳根さんも今ではほぼ回復しています。

 

「難病とは言われているけど、自然に治る病気。今は完治してる。病気のあとは急激に足が早くなったり、持久走で1位になったりしてるので全然、支障がない!」

 

とご自身で言うほどで。

足が速くなるなんてすごいですね!

このギランバレー症候群は芸能人の方でも

結構いらっしゃるみたいです。

 

まとめ

 

デビューから朝ドラに月9にと

注目されている芳根京子が難病だったとは

知りませんでした。

 

『高嶺の花』での石原さとみさんとの姉妹

ほんと見ていて目の保養です(笑)

 

今後の更なる活躍に期待です!

 

 

<Sponsered Link>

 

 

 

 

 

<Sponsered Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)